仮想通貨取引所フォビの戦略パートナー「HBUS」が取引開始へ

出典:HBUS

仮想通貨取引所Houbi.pro(フォビ)のアメリカにおける「戦略パートナー」と位置づけている「HBUS」は2018年7月10日に仮想通貨取引を開始したことがわかった。米・サンフランシスコに拠点を置くHBUSは2018年6月初めに設立され、その際にフォビの「独占的米国戦略的パートナー」としてアメリカで仮想通貨取引所サービスを提供すると発表していた。

取り扱う仮想通貨の種類も豊富で、今後仮想通貨取引を通じて各方面への進出も期待されている。

HBUSは取引可能な仮想通貨が豊富

現地時間の2018年7月10日午前10時の時点でHBUSはビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、イーサリアムクラシック(ETC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、テザー(USDT)などメイン銘柄を中心22種類の仮想通貨を取り扱うとしている。

銘柄が多い分、利用者は今後増えることが予想されるので序盤はテクニカル分析が有効的に利用できるだろう。特にビットコイン(BTC)は仮想通貨取引所ごとに価格が違うので,利用者が増えれば自然と取引量も増加し一定の基準を満たしたと評価され、結果利益を生み出すチャンスは十分ある。

HBUSはマーケットデータも提供している

出典:HBUS

HBUSでは新しいプラットフォームにおいてトレーダーに対して上場されている仮想通貨のマーケットデータの提供を行うとしている。出所が信頼性の高いデータになるのでトレーダーにとっては有益な情報源になるだろう。

ただHBUSはアラバマ州、コネチカット州、ジョージア州、ルイジアナ州、ニューヨーク州、ノースカロライナ州、ハワイ州、バーモント州、ワシントン州の9つの州の住民は規制当局からの許可が下りていないためか利用できない。

今後のHBUSの展開

Houbi.pro(フォビ)とHBUSによるアメリカでの業務展開に加えて、つい先日2018年7月5日にはオーストラリアで豪ベースのプラットフォームによる仮想通貨取引サービスの提供を開始した。

またHoubi.pro(フォビ)は欧州への事業拡大について「ロンドンはグローバル金融センターとしての優位性を保ち、活発なブロックチェーンコミュニティと急速な発展を遂げている市場」と位置づけて欧州への暗号通貨事業の足がかりとしてイギリス・ロンドンへオフィスを開設し、2018年第3四半期から店頭販売を開始するとしている。

そんな世界第3位の日別取引量を誇るHoubi.pro(フォビ)とパートナー関係にある「HBUS」がまずはアメリカにおいて仮想通貨取引を成功させることは容易に想像がつく。特にサービス開始したこの時期のビットコイン(BTC)の取引は大きな利益を生む可能性があるだけに要注目だ。