猫でも分かるBitcoinの仕組みと将来性

MichaelWuensch / Pixabay

2017年12月にビットコインの価値が238万円と急上昇してから、日本中で「仮想通貨バブル」と呼ばれる時代が到来しました。

イナゴタワーのごとく積みあがったビットコインは売られ続け、100万円台へ転落。2月の中旬には64万円まで下押しする場面が見られていました。
現在は110万円付近まで値を戻し、高値からの下げ幅を戻している状況。

「ビットコインはもう終わった」や、「今後はさらに下値を出す事も有りうる」という意見がよく見受けられます。
しかし、実は案外しっかりしているという印象を持った方が的確ではないかと考えます。

今後仮想通貨取引をやってみたい方や、興味のある方に、誰でもわかるBitcoinの仕組みと将来性をご紹介させていただきます。

Bitcoinとは?

Bitcoinとは、一言で簡単にまとめると「電子決済システム」です。
一般的には楽天EdyやSuicaのように、現実の店舗や飲食店で使用したりできる「電子マネーのようなもの」と言うとわかりやすいと思います。

通常、電子マネーには、加盟企業グループ内でのみ流通し、チャージした後に使用可能になり、使うと残高が消えるというプリペイド形式「前払い支払手段」を取っています。

Bitcoinに関しては、「世界中で制限なく利用が可能・譲渡もできる・使っても消えることなく流通し続ける」という、円やドルに近い性質も持ち合わせています。

Bitcoinが大きく普及した理由の一つに、「Bitcoinの仕組みが信頼できる」と多くの人が認めたため、現在にまで繁栄しています。

これまで多くの仮想通貨案が出てきたにもかかわらず、その全てが世の中に広まることはなく姿を消していきました。その最大の理由が、「セキュリティ面において安全を確保できなかった」事です。
Bitcoinはセキュリティをより強固なものにするための仕組みを構成し、世界中の信頼を得ることができています。

なぜこのような事が成り立つのか、仕組みや将来性を簡単に説明します。

仮想通貨の仕組みをゲームで例えてみる

「仮想通貨」という言葉の意味や理解を簡単にわかりやすくするために、ゲームで例えてみましょう。
どのゲームにもコインは存在しますよね?ゲームの種類によっては異なりますが、1G(ゴールド)などと表現されこのゴールドを貯めて欲しいアイテムや武器を買ったりすると思います。

実際には紙幣や硬貨は発行されていませんが、このゲーム内コインを私たちはコインとして認識しています。
それと同様にBitcoinもデータ内で1BTC(BTC=ビットコインの単価)と表現され、それに対して私たちがコイン(通貨・お金)と認識しているにすぎません。
つまり、Bitcoinとは簡単に言うと「現実世界でも利用できるゲーム内コイン(ネット上コイン)」のようなものなのです。

現金や紙幣とBitcoinの違い

Bitcoinと電子マネーの違いを前述で述べましたが、現金・貨幣とはどのような違いがあるのでしょうか。
現金や紙幣には、発行できる中央銀行が存在します。
しかしながら、Bitcoinに関しては、発行主体が存在しないのです。

特定のIT技術を持ったプログラマーが管理し、価値と正当性を保証しあっています。
さらに、現金や紙幣に関しては、中央銀行が印刷する限り、無限に紙幣を増やすことができます。

一方でBitcoinはどうかというと、最大発行量が決められています。(2,100万Bitcoinが最大上限となっています。)
イメージしやすく、「金」や「プラチナ」といった貴金属で例えてみましょう。
金や銀・プラチナなどは、金融商品として高値で取引されていますが、そもそもこれは誰が発行したわけでもなく、地球上に埋蔵されています。
つまり、絶対量は決まっているというわけです。

絶対量が決まっている貴金属に対し、人が価値を想定していることにより、高値で取引されているのです。
Bitcoinも同じことが言えます。

Bitcoinの将来性

Bitcoinはクレジットカードや電子マネーのように、人々の暮らしを支える決済手段の一つとして、世界中で普及が進む可能性は十分にあります。
Bitcoinがインフラになれば、価格は今以上に上昇していることは間違いありません。

また、低コストでの送金など、様々な事が可能になるため、決済手段として普及するのであれば、長期的に価値は上昇していきます。

Bitcoinの今後の将来性を見込んで、10年後に大きく値上がりしてればよいなー。という感覚で投資するのも、非常に有効ではないでしょうか。

フォーラム

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »