Airdropを利用して今のうちにOCPを大量取得しておこう!

2018年8月31日にオデッセイによる決済用OCPというトークンのAirdropが実施される。OCPのAirdropは月単位で計50ヶ月にわたって繰り返されており、Airdropで受け取れる金額は毎月総額2億USD相当のOCNに対する保有率によって決定される。

ここではオデッセイに関する情報と簡易的ではあるがAirdropの参加方法について紹介する。

オデッセイは将来性のあるトークン

過去にOCNは2018年4月1日の0.008USDから同年4月22日の0.021USDまで実に3週間でおよそ260%の価格上昇を見せたこともあり、まだまだポテンシャルは高い。その根拠として「シェアリングエコノミーの台頭」が挙げられる。

オデッセイはAIやビッグデータ、そしてスマートコントラクトを活用して、シェアリング経済のコスト削減と効率化を目的とするブロックチェーンプロジェクトとしてスタートした。シェアリングエコノミーとはUberやAirBnBなどに代表される世界で最も急速に成長している産業の一つで身近なところでいうとカーシェアリングもこれに該当する。

オデッセイは世界中で最大規模のバイクシェアリング会社の1つであるOBikeへの統合により、いち早くこの産業に名乗りを上げており約1000万人いると推定されるOBikeユーザーに費用対効果の高いソリューションを提供することで、OCNトークンの価値を高める狙いがある。

OCPのAirdrop参加方法

準備段階としてOCPのAirdropはExchangeからのウォレットをサポートしていないのでOCNをプライベートウォレットに移動させなければならない。

①プライベートウォレットに5000OCNをキープしておく。

②ODYSSEY OFFICIAL  SITEもしくは「OCPAY](2018年8月2日現在App Store非対応/Google Playはβ版のみ確認済)をダウンロードし手順に従って登録を進める。

*アプリに関しては不明瞭な部分が大きいので確実に受け取るためにも公式サイトより登録を進めることを推奨する

findcoin編集部の見解

シェアリングエコノミー業界は今後も成長が見込まれており、将来的にはより多くのパートナーシップや拡張が期待されている。今回Airdropに参加するにあたり最低5000OCP(2018年8月2日PM6:00現在 1OCP=0.016157USD/約1.803337JPY)の保有を満たさなければならないが、価格も現時点では安価なためこのタイミングで買い増しするのも良策だと考えられる。

Airdropは価格を刺激する絶好のタイミングであり、ここ数ヶ月横ばい状態が続いていたので投資家間でも期待が高まりつつある。今後将来性のある分野でのトークンであることも加味し、そろそろ2018年4月期のような高騰を期待したい。